郵便番号・住所 527-0091  滋賀県東近江市小脇町828−2
寺院名 行満坊 ギョウマンボウ
山号 赤神山 セキシンサン
交通 近江鉄道太郎坊宮前駅から徒歩10分
電話番号・FAX番号 0748-22-1953 FAX 0748-22-1953
Eメール
開創 延暦18年(799)伝教大師
由来  行満ぼうは、赤神山成願寺山内にある坊の一つである。
 当坊の由来としては、成願寺に付属しており、独自の由来はない。成願寺は、天正年間(1573-1592)に織田信長の兵火にかかり、山内はことごとく灰燼に帰し、50年余の間再興されずであったのを寛永17年(1640)、宝寿院行承が弟子祐盛とともに、行満坊に居住し、本堂、鐘楼を建立したという。その時の鐘には、銘が刻まれていたが、第二次大戦中、日本軍の命令により供出したため、現在の鐘は昭和37年に新たに鋳造されたものである。
 行満坊の現在の建物は、平成12年に再建したものである。
現在の本堂竣工年 平成12年
本尊 阿弥陀如来
寺宝
住職 岡本 台照 オカモト タイショウ
主な年中行事 2月15日 涅槃会 3月春分の日 春季彼岸会
6月4日 伝教大師会 8月10日 盂蘭盆会施餓鬼法要
11月24日 天台大師会
涅槃会、伝教大師会、天台大師会は行満坊と交互に勤めるので隔年実施
秋季彼岸会は石垣坊を会場に合同で行う
専用墓地
駐車場
その他